CHO JUNG SEOK JAPAN OFFICIAL WEB SITE

NEWS & NOTICE お知らせ

HOME > NEWS
No 題目
115 チョ・ジョンソク&少女時代 ユナ主演映画「EXIT」大規模な試写会の開催を予告
管理者   |   2019-07-09


災難脱出アクション映画「EXIT」が大規模な試写会を開催する。

今夏、劇場街の秘密兵器と呼び声高い映画「EXIT」は、17日から「SUMMER NIGHT 自信満々大規模試写会」を開催する。7月31日に公開予定である「EXIT」は、公開日より2週前に開催する試写会を通じて観客たちと出会う予定だ。今回開催される大規模試写会にはヨンナム役のチョ・ジョンソク、ウィジュ役の少女時代のユナ、長女役のキム・ジヨン、父親役のパク・インファン、演出を担当したイ・サングン監督まで出席する。

チョ・ジョンソクとユナは最近、開催する各イベントで爆発的な“コンビケミストリー(相手との相性)”を披露しており、試写会でも完璧なファンサービスを提供すると期待されている。

特にミュージカルを通じてデビューしたチョ・ジョンソク、国民ガールズグループ少女時代のユナは、演技だけでなくステージ上での姿も期待される俳優たちだ。2人が披露するショーマンシップは、見逃すことができない鑑賞ポイントだ。ここに更に多様なジャンルで活躍するベテラン俳優キム・ジヨン、国民俳優パク・インファンが合流し、全世代が楽しむことができる試写会を披露する。「EXIT」の試写会は、CJエンターテインメントの公式Instagramを通じて応募することができる。

「EXIT」は無職の青年ヨンナム(チョ・ジョンソク)と、大学時代のサークルの後輩ウィジュ(少女時代 ユナ)が、原因不明の有毒ガスに包まれた都心から脱出しなければならないという緊急事態を描く映画で、韓国で7月31日に公開される予定だ。
 
114 「緑豆の花」チョ・ジョンソク、ノ・ヘンハの気持ちを断る“君は頼れる戦友だ”
管理者   |   2019-07-08


チョ・ジョンソクがノ・ヘンハの気持ちを断った。

韓国で7月4日に放送されたSBS金土ドラマ「緑豆の花」(脚本:チョン・ヒョンミン、演出:シン・ギョンス)第41話でペク・イガン(チョ・ジョンソク)は、ボドゥリ(ノ・ヘンハ)との関係について「同僚だ」と言って、線を引いた。

この日ペク・イガンは、ソン・ジャイン(ハン・イェリ)の宿から出て別動隊に合流したチェ・ドッキ(キム・サンホ)の姿を見てペク・イヒョン(ユン・シユン)に東学軍を助けたことが発覚されたソン・ジャインのことを心配し始めた。

ボドゥリは、心配するペク・イガンに「心配しないで。ソン客主は無事だろう」と慰めた。あえて強がるペク・イガンの姿に「夜、寝ようとしても顔を思い出して胸を痛めているの、私がわからないと思うの。私も隊長の顔を思い出して心を幾度も痛めた」と話した。

これにペク・イガンは、驚いた目でボドゥリ見た。するとボドゥリは、ペク・イガンがくれたブレスレッドを外してみせながら「心配しないで。私はこれ一つで十分。なぜかこれを見ていると心強くて心配もなくなる。世の中で一番頼れる戦友がくれたからのようだ」とあえて自分の気持ちを隠そうとした。

これを受け、ペク・イガンは「そうか、よかった。接長も僕にとって一番信頼できる戦友だ」と線を引いた。
 
113 「緑豆の花」ユン・シユン、チョ・ジョンソクの安否を尋ねられ“死んでいなければ…”
管理者   |   2019-07-08


ペク・イヒョン(ユン・シユン)が冷酷な判断をした。

韓国で6日に放送されたSBS金土ドラマ「緑豆の花」第43話でソン・ジャイン(ハン・イェリ)は、ペク・イヒョンにペク・イガン(チョ・ジョンソク)の安否を尋ねた。

ソン・ジャインの全州(チョンジュ) 旅客には武田(イ・キチャン)がやってきた。ペク・イヒョンは「年末までに朝鮮内の東学勢力を完璧に除去しろ、と命じた。武田と約束した軍糧米を普及しろ」と指示した。

武田は「今回のことがうまく行けば、良いことがたくさんある。利権だ。私はもう漢陽に行かなければならない。あとは兄と話し合いなさい」と話し、その場を去った。

ペク・イヒョンと2人きりになったソン・ジャインはペウ・イガンの安否を尋ねた。しかしペク・イヒョンは「死んでいるか、又はこれから死ぬかだ。仕事の話にしよう」と話題を変えた。


 
112 「EXIT」チョ・ジョンソク&少女時代 ユナ、メインポスター&予告編公開…笑いと感動を呼ぶ演技に期待高まる
管理者   |   2019-07-08


「EXIT」が緊迫した状況を盛り込んだメインポスター、キャラクターポスター2種類と共にメイン予告編を公開し、今夏笑いと感動を同時に与える映画の誕生を予告した。

映画「EXIT」は7月8日、奇想天外な方法で災難から脱出することを予告したメインポスターとキャラクターポスター2種類を公開した。

「EXIT」は無職の青年ヨンナム(チョ・ジョンソク)と、大学時代のサークルの後輩ウィジュ(少女時代 ユナ)が、原因不明の有毒ガスに包まれた都心から脱出しなければならないという緊急事態を描く映画だ。

メインポスターには有毒ガスで覆われた都心で生き残るため、綱一つで高所から落下しているヨンナム(チョ・ジョンソク)とウィジュ(イム・ユナ)の姿がある。

泣いているが笑っているヨンナム&ウィジュコンビのリアルな表情とアクションが映画への好奇心を刺激する。キャラクターポスターではガスを避けるため、防毒マスクをつけている2人の姿が描かれ、視線を奪う。



「必ず生きて会おうううう」「絶対に生き残りたいですううう」という可愛らしい台詞を通じて、絶望的な状況の中でもポジティブな姿勢を失わないヨンナムとウィジュの姿を見ることができる。

公開されたポスターのように愛らしい映画になるであろう「EXIT」は、メイン予告編が公開されるとネット上で大反響を呼んだ。



メイン予告編には今夏注目すべき俳優チョ・ジョンソク、ユナだけでなく、コ・ドゥシム、パク・インファン、キム・ジヨンなどベテラン俳優の笑いと感動を誘う演技やアクション演技を見ることができる。

母の古希祝いの際に発生した史上最悪のテロ事件と、この状況を乗り越えようとする2人の勇敢な行動と奇想天外な脱出の過程がメイン予告編にリアルに収められた。

「脱出の順番は具合の悪い一番上の姉、愛する両親、年配の親戚の方、無垢な従兄弟たち、そして僕か?」という台詞からは、従来のパニック映画とは異なり、ヨンナムの現実的な悩みが感じられる。

人生が災難状態だったヨンナムとウィジュが本当の災難に遭い、生きるために脱出する過程は観客から共感を呼ぶとみられる。

メイン予告編が公開された後「この映画はますます気になる」「笑っていても涙が出る」「チョ・ジョンソクの代表作になると思う」「ゴミ袋を着ている姿も面白いが、IMAX公開でさらに期待が高まる。今夏一番気になる映画」など様々な反応が出ている。

韓国で7月31日、IMAXおよび2Dで公開される。
 
111 「EXIT」チョ・ジョンソク&少女時代 ユナ、アクションシーンの裏話を公開“撮影の数ヶ月前からスクールで練習”
管理者   |   2019-07-04


俳優チョ・ジョンソクと少女時代のユナが、迫力のあるアクションを披露した。

映画「EXIT」側は7月3日、高難度のアクションを披露した俳優たちの裏話を公開した。

「EXIT」は無職の青年ヨンナム(チョ・ジョンソク)と大学時代のサークルの後輩ウィジュ(ユナ)が、原因不明の有毒ガスに包まれた都心を脱出しなければならないという緊急事態を描く映画だ。



チョ・ジョンソクとユナは、パニックアクションを完璧にこなすために、撮影の間中ずっと体を張って情熱を見せた。高層ビルの森を走り回りながら繰り広げられるアクションシーンはもちろん、クライミング、落下のシーンまで、二人は代役を最小限にとどめ、ほとんどのシーンを自らこなした。

特に予告編が公開された時から話題を集めた素手によるクライミングシーンのために、チョ・ジョンソクとユナは撮影の数ヶ月前からクライミングスクールに通いながら、ロッククライミングの基本的な技術を身につけた。



チョ・ジョンソクは「クライミングスクールで数ヶ月間練習したにもかかわらず、実際に現場に行ったら、建物のセットが10~15メートルに達していた。実際の災害の状況ならどうだったのだろうと想像したら、ゾッとして怖かった」とクライミングシーン撮影時の心境を語った。

ユナも「普段から体力には自信があったけれど、映画の半分以上がアクションシーンだったため、体力の管理に特に万全を期した」とつけ加えた。



これに対してイ・サングン監督は「アクションシーンについてすごく悩んだ。3~4メートルほどの距離も、いざ飛ぼうとしたら怖くなるリアリティを生かしたかった。アクションに対する長い準備過程と俳優たちの情熱が相乗効果を生み出し、リアリティ溢れるアクションを演出することができた」とし、映画の完成度に自信を表した。

「EXIT」は韓国で7月31日に公開される。
 
110 チョ・ジョンソク&少女時代 ユナ、映画「EXIT」インタビュー映像を公開…最高コンビの誕生をアピール
管理者   |   2019-07-04


チョ・ジョンソクと少女時代 ユナのケミ(ケミストリー、相手との相性)が爆発した。

映画「EXIT」側は、俳優チョ・ジョンソク&ユナコンビの特別なインタビューを収めた映像を公開した。チョ・ジョンソク&ユナコンビはインタビュー映像を通じて、映画に対する様々なビハインドを公開した。

まず、ユナは「ジョンソク兄さんのため、本当に笑いが絶えなかったんですよ」とし、愉快だった撮影現場の雰囲気を説明した。撮影の合間に雰囲気を盛り上げるチョ・ジョンソクと、大きな笑いでそれに応えるユナの姿は、楽しかった「EXIT」撮影現場の雰囲気を伝える。ユナがバラエティ番組でチョ・ジョンソクを「最高のパートナーだ」と呼んだように、チョ・ジョンソクも賞賛を惜しまなかった。共演に対しては「本当に良かった」と答えた彼は、「ユナさんの新しい演技を見られるはずだ」とし、今夏の劇場街の最高コンビの誕生をPRした。

チョ・ジョンソクは主演・助演の俳優たちが一緒に呼吸を合わせた「古希の宴のカラオケシーン」にも特別な愛情を表した。ヨンナムの家族が集まって歌を歌うシーンを振り返りながら、「撮影当時、本当に楽しかった。本当の家族のような気分だった」と話した。ユナも助演俳優たちとの温かい雰囲気の撮影現場を振り返り、また別の作品で会いたいという気持ちを伝えた。映像の終盤には、2人の俳優が可愛らしい指ハートを作り「イチオシ! イチオシ!」と言っており、映画に対する期待を高める。

俳優たちのナチュラルなケミストリーをもとに完成した「EXIT」は、"災害脱出アクション"というユニークなジャンルに、豪華キャストの演技が加えられたユニークな映画として注目を集めている。チョ・ジョンソク&ユナコンビとイ・サングン監督は、爆発的なシーケンスで誕生したアクションシーンとコミカルと感動を行き来するストーリーの調和を「EXIT」だけのユニークな観覧ポイントとして挙げ、若い世代から中高年まで幅広い世代を網羅するサマームービーの誕生を予告している。

「EXIT」は無職の青年ヨンナム(チョ・ジョンソク)と大学時代のサークルの後輩ウィジュ(ユナ)が、原因不明の有毒ガスに包まれた都心を脱出しなければならないという緊急事態を描くパニック映画だ。韓国で7月31日に公開される。


 
109 「EXIT」チョ・ジョンソク&少女時代 ユナ、映画への期待を高めるスチールカット公開…現場の雰囲気が伝わる笑顔も
管理者   |   2019-07-03


俳優チョ・ジョンソクと少女時代のユナが緊迫した状況に置かれたシーンが公開された。

映画「EXIT」は7月2日、時には緊迫感、時にはコメディ要素のあるスチールカット4枚を公開した。

「EXIT」は無職の青年ヨンナム(チョ・ジョンソク)と大学時代のサークルの後輩ウィジュ(ユナ)が、原因不明の有毒ガスに包まれた都心を脱出しなければならないという緊急事態を描く映画だ。



「生きたければ走れ!」という「EXIT」のキャッチコピーのように、2人の俳優は撮影期間中ずっと走り続けた。有毒ガスから遠ざかるために走り続けたヨンナムとウィジュの疲れた表情から「EXIT」だけのリアルな演出が際立つ。有毒ガスがあらゆる方向から迫ってくる状況から抜け出す方法を探す2人の姿は、退屈する暇のないパニックアクションを予告する。

また、さまざまなマネキンと看板の間に立っているヨンナム&ウィジュが空に向かって救助の信号を送っているシーンが目を引く。マネキンに囲まれたヨンナム&ウィジュの救助要請のシーンで、このシーンの前後の状況への好奇心を刺激し、今夏期待されるパニックアクションとされている。




さらにチョ・ジョンソクとユナがゴミ袋を着た姿が話題になっている。予告ポスターを通じて強烈なビジュアルのピンクのゴミ袋を着た2人の姿が公開されると、観客はこの衣装の正体と目的について大きな関心を見せた。新たに公開されたスチールでは、2人がピンク色のゴミ袋を着たことはもちろん、防毒マスクを着用しており、さらに関心を集めている。「EXIT」はこのようにゴミ袋だけでなく、テープやダンベル、チョークなど日常的な物を活用した奇想天外な災害対処法も披露することを予告し、話題となっている。



体力を消耗するパニックアクションの撮影現場でもチョ・ジョンソク&ユナの自然なケミ(ケミストリー、相手との相性)が輝いた。スチールは激しいアクションシーンを撮影する際も笑顔を忘れないチョ・ジョンソクとユナのケミが輝いた和気藹々とした撮影現場の雰囲気をそのまま伝えてくれる。特にチョ・ジョンソクは撮影中ずっと愉快なエネルギーで撮影現場のムードメーカーになったという。チョ・ジョンソク&ユナが披露する今夏最高のコンビの活躍が期待される。

「EXIT」は韓国で7月31日に公開される。
 
108 「緑豆の花」チョ・ジョンソク、ハン・イェリの父に誓う“娘さんは俺の命のように守る”
管理者   |   2019-06-30


チョ・ジョンソクがハン・イェリを自分の命のように守ると宣言した。

29日に放送されたSBSドラマ「緑豆の花」では、ペク・イヒョン(ユン・シユン)がソン・ジャイン(ハン・イェリ)の父ソン・ボンギル(パク・ジイル)を脅迫する場面が描かれた。

ペク・イヒョンは、チョン・ボンジュン(チェ・ムソン)に送られることになる軍需物資を「本来の主に送れ」と言い、そうすればソン・ジャインが義兵を手伝ったことは見逃すと提案した。

その時、ペク・イガン(チョ・ジョンソク)が現れた。これにペク・イヒョンは急いで身を隠した。

ペク・イガンはソン・ボンギルに「あまり心配しないでほしい。娘さんは、俺の命のように守る」と誓い、切ない愛情を表した。
 
107 「緑豆の花」チョ・ジョンソク&ハン・イェリ、互いの気持ちを確かめる
管理者   |   2019-06-29


「緑豆の花」チョ・ジョンソクがハン・イェリと、互いの気持ちを確認し、視聴者をときめかせた。

28日に韓国で放送されたSBS金土ドラマ「緑豆の花」第37、38話では、チェ・ムソン(チョン・ボンジュン)の命を受けて、浮かれた表情でハン・イェリに向かって走っていくチョ・ジョンソクの姿が描かれた。

そして放送後半、チョ・ジョンソクは「今まで僕はあなたを誤解していた、すまない」と言った後、感激した表情でハン・イェリと熱いキスを交わした。

「緑豆の花」第39、40回は韓国で本日(29日)の午後10時に放送される。
 
106 「EXIT」チョ・ジョンソク、少女時代 ユナとの共演に満足…“普段からも息がぴったり”
管理者   |   2019-06-27


チョ・ジョンソクが少女時代 ユナとの共演に満足感を表した。

チョ・ジョンソクは本日(27日)午前11時、狎鴎亭(アックジョン)CGVで開かれた映画「EXIT」(監督:イ・サングン)制作報告会で、ユナとの共演についてコメントした。

まず、「人間イム・ユナが良い人だ」と話を始めたチョ・ジョンソクは「コン・ヒョジンが、ユナが僕の相手役だと言ったら、『君は本当に女優の福が多いね』と言ったので、あ、そうなの?」と答えた。ユナを知らない時だったし、会う前だった。親しい同僚であるコン・ヒョジンさんがそんなことを言うので、早く会ってみたかった。会ってみたら良い人だった」と打ち明けた。

チョ・ジョンソクは「アンサンブルというのが、作品の中で相性が良ければ演技も合わせやすいと思う。笑いのツボも似ているし、そういうのがちゃんと合ってこそ、演技する時にアンサンブルが良いと思うけれど、それがよく合った」と話した。

また「普段からよく会話をして、現場の撮影シーンではなく、プライベートな場で会話する時、よく笑った場面が記憶に残る。それを見たら、普段から馬が合って、それがちゃんと出たから映画にも役に立ったと思う」と付け加えた。

韓国で7月31日に公開する「EXIT」は、無職の青年ヨンナム(チョ・ジョンソク)と大学時代のサークルの後輩ウィジュ(ユナ)が、原因不明の有毒ガスに包まれた都心を脱出しなければならないという緊急事態を描くパニック映画だ。

元記事出所:Newsen
 
105 チョ・ジョンソク&少女時代 ユナ主演映画「EXIT」スチールカットを公開…コミカルな演技に期待
管理者   |   2019-06-26


災難脱出アクション映画「EXIT」(監督:イ・サングン、配給:CJエンターテインメント)が、8種類の報道スチールを初公開した。

「EXIT」が、拒否することができない魅力的なスチールカットを公開した。映画「EXIT」は、無職の青年ヨンナム(チョ・ジョンソク)と大学時代のサークルの後輩ウィジュ(ユナ)が、原因不明の有毒ガスに包まれた都心を脱出しなければならないという緊急事態を描く災難映画だ。

公開したスチールでは、災難状況で光を放つ能力であるクライミングシーンが公開された。脚本と演出を担当したイ・サングン監督が「『EXIT』は認められることなく、つまらないように見える才能が、緊急状況で役立つならどうだろう」という疑問から始まった映画だと説明したように、写真からはヨンナムとウィジュの活躍を垣間見ることができる。

前髪を結んだ“リンゴヘアー”をしている無職の青年ヨンナムの姿が可愛く感じられたら、緊急状況では「EXIT」だけの緊張感が感じられる。有毒ガスを避けるために、素手でもっと高い所へ向かうアクション演技から、有毒ガスの災難状況にメンタルが崩壊した状況まで確認することができる。また、予告ポスターを通じて公開されて話題を集めている“ゴミ袋衣装”も、実際の映画衣装であることが明らかになって目を引く。有毒ガスに肌が露出されないため制作されたアイデア衣装は、「EXIT」だけの可哀そうな印象を倍増させる。

「EXIT」は7月31日より韓国で公開される予定だ。

 
104 チョ・ジョンソク&少女時代 ユナ出演、映画「EXIT」韓国で7月31日に公開決定!
管理者   |   2019-06-19


今夏、暑さをクールに吹き飛ばす災難脱出アクション映画「EXIT」が韓国で7月31日に公開される。

「EXIT」は、無職の青年ヨンナム(チョ・ジョンソク)と大学時代のサークルの後輩ウィジュ(ユナ)が、原因不明の有毒ガスに包まれた都心を脱出しなければならないという緊急事態を描く災難映画だ。

公開された予告編とポスターを見ると「EXIT」は重くて暗いパニック映画とは異なる雰囲気で好奇心を刺激する。特に大型ゴミ袋、地下鉄にある防毒マスク、ゴム手袋、包装用ボックステープなどどこでも見られる小物を活用し、今まで見たことのない“貧乏な災難脱出記”を予想させ、関心を高めている。

状況を緻密に把握し、速く行動するエリートや特殊訓練を受けた専門要員ではなく、平凡な市民が主人公であることも差別化のポイントだ。大学卒業後、数年間就職に失敗してきたヨンナム(チョ・ジョンソク)と就職はしたものの、厳しい現実に耐えなければならない会社員のウィジュ(イム・ユナ)を始め、共感を呼ぶ市民たちが登場し、無防備な状態で災難状況を打開するシーンを通じ新たな楽しさを与える。



イ・サングン監督は「『EXIT』は認められず、大したことのない才能が緊急状態で必殺技になったらどうか」という質問から映画が始まった」と説明した。

公開された予告編で「就職も恋愛も小言もすごく大変な私たちに本当の災いがやってきた」というキャッチコピーのように「EXIT」は100%の共感と快感を与える予定だ。

予告ポスターの中の2人の姿も話題になっている。パニック映画で防火服や戦闘服を着ているだろうと思ったが、大型ゴミ袋をDIYして着ている2人の姿は面白く、どこか可哀想にも見える。観客は「近くで見たらごみ袋だった」「視線強奪、ゴミ袋。何だ」「大体この映画の正体は何だろう?」など、想像を絶する「EXIT」のビジュアルに驚くと共に期待を示している。

予想と想像を超え、公開されたコンテンツごとに注目を浴びている映画「EXIT」は、今夏観客に特別な面白さを届ける予定だ。
 
103 チョ・ジョンソクXユナ主演 ”災難脱出アクション”<EXIT>予告編公開!!
管理者   |   2019-06-13
2019年6月16日日曜日夜6時
CGV Facebook を通じて映画<EXIT>予告編が最初に公開される予定でございます。

https://www.facebook.com/CJCGV/videos/348211549228027/




 
102 「緑豆の花」チェ・ムソン、チョ・ジョンソクに任務を与える“日本軍に備えて…”
管理者   |   2019-06-12


チェ・ムソンがチョ・ジョンソクに「興宣大院君(フンソンデウォングン)に会え」という任務を与えた。

昨日(7日)、韓国で放送されたSBS金土ドラマ「緑豆の花」では、朝鮮に入った日本軍に備える“緑豆将軍”チョン・ボンジュン(チェ・ムソン)とペク・イガン(チョ・ジョンソク)の姿が描かれた。

チョン・ボンジュンはイガンに「別働隊と共に、漢陽(ハンヤン)に行け」と指示した。これに対してイガンが「動態を偵察すればいいのか」と質問すると、チョン・ボンジュンは「そうだ。そして手紙を1枚伝えてほしい」と付け加えた。

「誰に伝えればいいか」というイガンの質問に、チョン・ボンジュンは「興宣大院君のイ・ハウンだ」と答えた。


TVREPORTニュース
101 「緑豆の花」チョ・ジョンソク、民の政治への参加を促す“保国安民するためには…”
管理者   |   2019-06-03


チョ・ジョンソクが「保国安民するのが政治でないか」と話し、視線を引いた。

昨日(1日)、韓国で放送されたSBS「緑豆の花」では、チョン・ボンジュン(チェ・ムソン)が民たちの政治を言及する姿が放送された。

この日の放送でチョン・ボンジュンは、弊政(行政)改革案を持って権力者に立ち向かう姿を見せた。続いてチョン・ボンジュンは「今、民たちがこれまでしたことのない挑戦をする状況を迎えた」と言及した。それは政治というものだ。

これについてペク・イガン(チョ・ジョンソク)は「政治は大したものではない。弊政改革して保国安民(行政に関わり、民に平安をもたらすという意味で東学の教えに基づく思想)にするのが政治じゃないか」と話した。これを受けチョン・ボンジュンは「皆さん、自信ありますか」と聞き、人々は「保国安民」を叫ぶ姿を見せた。
 
100 「緑豆の花」デート中のチョ・ジョンソク&ハン・イェリ、突然の銃声に避難
管理者   |   2019-05-27


チョ・ジョンソクとハン・イェリのデートが銃声のため壊された。

韓国で24日に放送されたSBS「緑豆の花」では、ペク・イガン(チョ・ジョンソク)とソン・ジャイン(ハン・イェリ)の幸せなデートが描かれた。

しかし幸せな雰囲気もつかの間、すぐに砲声が鳴り響き、ペク・イガンとソン・ジャインは急いで逃げた。ペク・イガンはすぐに東学軍と合流して、大砲を持った。

官軍側に郷兵たちが合流した中、その中にはファン・ソクジュ(チェ・ウォニョン)とペク・イヒョン(ユン・シユン)もいた。

その中でもペク・イヒョンは前面で銃を構えていた。このためヘスン(アン・ギルガン)が重傷を負った。
 
99 「緑豆の花」元TEENTOP ビョンホン、ユン・シユンとの戦いの末…チョ・ジョンソクが嗚咽
管理者   |   2019-05-27


チョ・ジョンソクがユン・シユンによって腹心の稲妻(元TEENTOP ビョンホン)を失い、嗚咽した。

25日に韓国で放送されたSBS「緑豆の花」ではペク・イガン(チョ・ジョンソク)、ペク・イヒョン(ユン・シユン)兄弟が敵となり、お互いに銃口を構える内容が放送された。

ペク・イガンとペク・イヒョンは、お互いが敵になったことをまだ知らない状況。義兵たちに撃たれたペク・イヒョンは血を流しながらも銃を撃ちながら逃げた。稲妻がそんな彼を追った。

お互いに銃口を構えたペク・イヒョンと稲妻はお互いがペク・イガンと絡んでいることに気づいた。結局稲妻は銃に撃たれ、ペク・イヒョンは消えた。稲妻が倒れたところに駆けつけたペク・イガンは倒れている彼に憤怒し、彼を撃った者を追った。血を流しながら逃げていたペク・イヒョンは我が軍に発見されて命を救われた。

ペク・イガンは結局稲妻を撃った者がペク・イヒョンだという事実を知ることができなかった。結局稲妻は出血のあげく、ペク・イガンに抱かれて死を迎えた。
 
98 チョ・ジョンソク&ユン・シユン&ハン・イェリ主演、ドラマ「緑豆の花」ビハインドカットを公開…演技への情熱見せる
管理者   |   2019-05-20


「緑豆の花」に出演する出演者たちの名演技の秘訣が公開された。

SBS新金土ドラマ「緑豆の花」は1894年、東学農民革命の歴史の中で農民軍と討伐隊に分かれて戦わなければならなかった異母兄弟の波乱万丈なヒューマンストーリーだ。125年前、この地を揺るがした民衆の蜂起である東学農民革命を本格的に描いた記念碑的作品で、マスコミと視聴者から好評を博している。

様々な長所を持ったドラマ「緑豆の花」。その中でも彼らの名演技はドラマの没入感を高める最も大きな理由と言われている。チョ・ジョンソク(ペク・イガン役)、ユン・シユン(ペク・イヒョン役)、ハン・イェリ(ソン・ジャイン役)の3人の主演はもちろん、ドラマに登場する全ての俳優たちは皆、体を張った熱演を披露している。「緑豆の花」には演技が下手な俳優はいないという絶賛の声が続いている。

本日(16日)、「緑豆の花」の出演者の名演技の秘訣が込められた撮影現場のビハインド写真が公開され、注目を集めている。たった一瞬も集中力を乱さない出演者のおかげで「緑豆の花」がより一層興味深い展開を見せるということを感じさせる現場の様子だ。

公開された写真の中には「緑豆の花」のストーリーを引っ張っていく3人の主役チョ・ジョンソク、ユン・シユン、ハン・イェリの撮影現場での姿が写っている。それぞれ異なる現場で撮影されたにもかかわらず、3人の俳優は約束でもしたかのように同じく手に持った台本を見つめながら集中している。野外でも、室内でも変わらない「緑豆の花」の俳優たちの演技の情熱が感嘆を誘う。

ドラマ「緑豆の花」は、俳優たちには簡単ではない挑戦だ。ドラマチックなストーリーの中で劇中人物が皆、立体的であるだけに激しい感情の変化を表現しなければならないためだ。それ以外にも戦闘シーンが多々登場し、俳優たちが直接走ったり転んだりしなければならないシーンが多い。もちろん時代劇であるため俳優の立場で準備しなければならないことも多く、特に方言と日本語の演技も必要だった。

チョ・ジョンソク、ユン・シユン、ハン・イェリの主役3人を始めとする「緑豆の花」の俳優たちは最善を尽くして作品と自分のキャラクターに集中しているという。これに対し、「緑豆の花」の制作陣は「実際の撮影現場でも俳優の集中力と演技への情熱に常に感嘆している。誰よりも自分のキャラクターを完璧に分析している俳優たちのおかげで、よい作品になっていると思う。いつも感謝してる」と伝えた。

「緑豆の花」が白山蜂起、黄土硯戦闘など歴史的大事件を順次に描いている。それだけストーリーに弾力もついており、俳優たちの演技も深まっている。回を重ねるにつれ、より強い没入感とメッセージ、響きを与える「緑豆の花」の今後のストーリーが気になる。
 
97 「緑豆の花」チョ・ジョンソク、刀で刺される…殺害の濡れ衣を被って逃亡者に
管理者   |   2019-05-07


チョ・ジョンソクが刀で刺され、追われる立場になった。

韓国で4日午後に放送されたSBS金土ドラマ「緑豆の花」では、ペク・イガン(チョ・ジョンソク)がチョルドゥ(キム・ドヨン)から刃で刺された。

この日、イガンは母のユウォル(ソ・ヨンヒ)の濡れ衣を晴らすため、家長のペク(パク・ヒョクグォン)に対抗した。ペクは「父に、どうしてこんなことができるのか」というイガンに、「お前の親父だから。険しい世の中で生き残るためには、自信を力と勘違いしてはならない。死ぬ近道だ」と冷ややかに警告した。

ユウォルがペク・イヒョン(ユン・シユン)と共に外に出た間、イガンはチョルドゥに刀で突かれた。チョルドゥは「濡れ衣だけをかぶらせるつもりだったのに」と言い、イガンの息の根を止めようとし、イガンはチョルドゥの刀を避けるため、自分の胸に打ち込まれた刀を持ち出し、チョルドゥの首を刺した。

イガンは父親に、代を継いで吏房(イバン、朝鮮時代の官職の一つ)ができないと宣言していた。ペクは、郡長に「あいつが粗な人ではあるが、人を殺すやつではない」と、イガンを弁護したが、郡長はイガンを追捕してこい、と指示した。
 
96 「緑豆の花」ユン・シユン、ソ・ヨンヒ&チョ・ジョンソク親子を家族として認める?
管理者   |   2019-05-07


ユン・シユンがソ・ヨンヒとチョ・ジョンソク親子を家族として認めた。

3日、韓国でSBS金土ドラマ「緑豆の花」が放送された。

チョン・ボンジュン(チェ・ムソン)と対立する過程で、ペク・イガン(チョ・ジョンソク)は右手を大怪我した。箸使いもなかなかできない中、ペク・イガンは「どうして人の心をこんなにイライラさせる?」と母のユウォル(ソ・ヨンヒ)に八つ当たりした。

ペク・イヒョン(ユン・シユン)はそんな親子を食事に誘った。ペク・イファ(ペク・ウネ)は「今、何をしている?」と憤ったが、家長のペク(パク・ヒョクグォン)は「俺が許した」と言った。

ペク・イヒョンもユウォルのことを叔母と呼んで礼儀正しく接した。
 
95 「緑豆の花」チョ・ジョンソク、ハン・イェリの元へ“かくまってほしい”
管理者   |   2019-04-29


チョ・ジョンソクが民乱の渦の中、死の危機をむかえた父パク・ヒョクグォンを救い、ハン・イェリのところを訪れた。

27日に韓国で放送されたSBS「緑豆の花」では、ペク・イガン(チョ・ジョンソク)がジャイン(ハン・イェリ)のところを訪れるシーンが放送された。この日、民による反乱が起きて親子は殺される危機にさらされた。

イガンは大きな怪我をした父ペク氏を救って商団の頭であるジャインのところへ行った。イガンは自身と父をかくまってほしいとお願いしたが、ジャインはそれを断った。ペク氏が米を売ると提案すると、ジャインは時価の半分の値段で売ってほしいと要求した。

結局ペク氏はジャインの要求を受け入れた。ジャインは「納屋を貸してあげなさい。まずは覚書からもらって」と冷徹な姿を見せた。
 
94 チョ・ジョンソク&ユン・シユンら、ドラマ「緑豆の花」制作発表会に出席
管理者   |   2019-04-26


26日午後、ソウル陽川(ヤンチョン)区木洞(モクトン)のSBS社屋で開かれたSBS金土ドラマ「緑豆の花」の制作発表会にチョ・ジョンソク、ユン・シユン、ハン・イェリ、パク・ギュヨン、ノ・ヘンハ、チェ・ムソン、パク・ヒョクグォンが出席した。

「緑豆の花」は1894年、東学農民革命の歴史の中で農民軍と討伐隊に分かれて戦わなければならなかった異母兄弟の波乱万丈なヒューマンストーリーを描いたドラマだ。













元記事出所:TV REPORT
 
93 システム点検案内
管理者   |   2019-04-23
作業日時:2019年4月30日(火)00:00~01:00(予想時間1時間)

お客様にはご不便をお掛けし、大変申し訳ございませんが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。
92 チョ・ジョンソク&ユン・シユン&ハン・イェリ主演ドラマ「緑豆の花」キャラクターポスター公開
管理者   |   2019-04-12


「緑豆の花」の3人3色キャラクターポスターが公開された。

26日、SBS新金土ドラマ「緑豆の花」(脚本:チョン・ヒョンミン/演出:シン・ギョンス)が韓国で初放送される。「緑豆の花」は1894年、東学農民革命の歴史の中で農民軍と討伐隊に分かれて戦わなければならなかった異母兄弟の波乱万丈なヒューマンストーリーだ。

「緑豆の花」側は12日、チョ・ジョンソク(ペク・イガン役)、ユン・シユン(ペク・イヒョン役)、ハン・イェリ(ソン・ジャイン役)の主人公3人のキャラクターポスターを公開し、視線を集中させている。「緑豆の花」に向けた大衆の期待、その中心にある3人の俳優であるだけに存在感が強烈だ。

まず、腹違いの兄弟の中で、兄ペク・イガンを演じたチョ・ジョンソクは、野火のように燃え盛る眼差しと表情でキャラクターの特徴を表現した。庶子(妾腹の子)として生まれ、名前の代わりに「あいつ」と呼ばれたペク・イガンは、自分の過去に向かって蜂起した別動隊長。カメラを睨みつけるチョ・ジョンソクの目の中に、何度踏みつけられても、再び起き上がるペク・イガンの根性が見える。ここに「本当にこうやると、あの時代が来ますよね?」というキャッチコピーは、新しい世界に対する民衆の熱望と「緑豆の花」が伝えようとするメッセージを象徴的に込めた。

続いて、腹違いの兄弟のうち、弟ペク・イヒョンを演じるユン・シユンも見逃せない。劇中のペク・イヒョンは、新しい時代を夢見るが、波乱万丈な運命に包まれ劇的変化を経験する人物。キャラクターポスターの中のペク・イヒョンの「文明が人を教化させて、世の中を変える」というキャッチコピーは、ペク・イヒョンが経験する変化がどれだけ劇的か関心を寄せる。何よりも鋭く輝くユン・シユンの眼差しが冷たく、悲しい雰囲気を醸し出す。

最後に、異母兄弟と一緒に「緑豆の花」を引っ張っていく、もう一人の主人公ハン・イェリに注目しよう。これに先立って、ハン・イェリは、これまで時代劇では簡単に見られなかった主体的な女性キャラクターの誕生を予告し、期待を集めた。この期待を裏付けるように、キャラクターポスターの中のハン・イェリは、まっすぐでしっかりした眼差し、強固な表情などを通して、“鉄の女性”ソン・ジャインを完璧に表現した。「私は利益に生きる商売人よ。流れるように生きるから」というキャッチコピーは、ソン・ジャインが、決して平凡な女性主人公でないことを暗示し、好奇心を刺激する。

この俳優たちが「緑豆の花」という、しっかりしたドラマに出会い、いかに強力な相乗効果を発揮するか期待が高まっている。26日午後10時に韓国で初放送される。
 
91 チョ・ジョンソク主演ドラマ「緑豆の花」スチールカットを初公開…刹那を捉えた表情で圧倒
管理者   |   2019-04-01


俳優チョ・ジョンソクの圧倒的な熱演が始まる。

4月26日、SBS新金土ドラマ「緑豆の花」(脚本:チョン・ヒョンミン、演出:シン・ギョンス、制作:(株)C-JeSエンターテインメント)が韓国で放送スタートする。「緑豆の花」は1894年、東学農民革命の歴史の中で農民軍と討伐隊に分かれて戦わなければならなかった異母兄弟の波乱万丈なヒューマンストーリーを描いたドラマだ。東学農民革命を本格的に描くドラマであり、民衆時代劇として2019年上半期最高の期待作に挙げられている。

「緑豆の花」への大衆の熱い期待、その中心には俳優チョ・ジョンソク(ペク・イガン役)がいる。チョ・ジョンソクはどの作品でも、どのキャラクターでも自身のものにする抜群の表現力を持つ俳優として有名だ。ドラマやスクリーンはもちろん、舞台でも大活躍を続けている“信頼できる俳優”チョ・ジョンソクのドラマ復帰作であるだけに、「緑豆の花」は特別な作品であるしかないという評価だ。

そんな中、本日(1日)ついに「緑豆の花」を率いる主人公チョ・ジョンソクの撮影スチールカットが初公開された。刹那を捉えたスチールカットだけでも期待を上回るチョ・ジョンソクの熱演が視線を集める。

公開された写真でチョ・ジョンソクは顔から血を流し、跪いている。叩かれたように顔に複数の赤い傷があり、目元には赤い血が流れている状況でも、毒気を吐いているかのように強烈な眼差しが雰囲気を圧倒している。簡単には折れない根性、野原の炎のように燃える怒りを丸ごと表現したチョ・ジョンソクの表現力に感嘆が続いた。

劇中でチョ・ジョンソクが務めるペク・イガン役は、全羅道(チョルラド)古阜(コブ)官衙の悪名高き吏房(イバン、朝鮮時代の官職の一つ)で大地主であるペクの長男だ。しかし、ペクが本妻の下女を犯して産んだ私生児であり、「ペク・イガン」という名前の代わりに「あいつ」と呼ばれている男だ。劇中で異母兄弟のユン・シユン(ペク・イヒョン役)と波乱万丈な運命に巻き込まれ、厳しく熾烈な民衆の熱望を届ける予定だ。チョ・ジョンソクは撮影スチールカット第1弾だけでも視聴者にペク・イガンというキャラクターの特徴、インパクトを確実に刻んだ。

「緑豆の花」の制作陣は「チョ・ジョンソクは撮影初日からペク・イガンというキャラクターに完璧に溶け込み、現場のスタッフを驚かせた。チョ・ジョンソクは名実ともに“信頼できる俳優”だ。どのキャラクターでも自身のものにすることができるためだ。今回のドラマのペク・イガンも、チョ・ジョンソクと会って思う存分生かされるようになった。『緑豆の花』を通じて輝く俳優チョ・ジョンソクの力にたくさんの関心と期待をお願いしたい」と伝えた。

SBS新金土ドラマ「緑豆の花」は、26日午後10時に韓国で放送スタートする。